わん!台湾 - お茶を買う

台湾に来ると、必ずお茶を買います。



台湾のお茶は、まろやかでソフトでやさしい味がするんです。


いつもいっぱい買ってしてしまいます・・・。



台湾にはお茶屋さんがいっぱいあって、

いろんなお茶を試飲しながら選ぶのも また楽しい(^^)



でも、いつもいつも思うのですが、

お茶の値段って、ぴんきり。


「これは最高級のお茶」 (高い) といわれても  


ホントかなぁ。。って疑いたくなってしまいます。


値札なんてないし、お店によって値段が全く違うし、、


だから、毎回 ふっかけられてる 感じがするんですよね。。。






今回選んだお店は、お茶の問屋さんです。


「林華泰茶行」。 問屋街にありました。


お店の中は、お茶の缶でいっぱい。
缶のふたに書かれているのはお茶の名前で
その下に書いてある数字は値段です。
価格がきちんと表示されていて、安心感を覚えます。。。

画像


缶の中はこんな感じ。
画像


これは「凍頂烏龍茶」で、値段は「600元(600g)」という意味。
(1元=約2.7円)
画像





お茶は基本的に600g単位で売られていて、値段も同じ600g単位。

ここのお店では、

「600gを4つに分けてパックしてください」 とか、

「300gだけでいいです」とか 融通がききます。




今回私が購入したのは、

1.凍頂烏龍茶 1200g  (おいしい、大好き)
  600元/600g

2.東方美人茶 600g (紅茶みたいな味、ネーミングが購買欲をそそる)
  1200元/600g

3.ジャスミン茶 300g (眠りはさそわない・・・らしい。。覚醒作用がある)
  300元/600g

4.店のおじさんおすすめのお茶 300g (烏龍茶と日本茶の中間といっていた)
  1000元/600g


一番高い上記2. のお茶も、600gで3300円くらい。

日本茶でも、100gで1000円くらいするので妥当、

いや、安いんじゃないでしょうか。



でも、お店の奥にはこんなコーナも。
画像

高級茶の部屋

600gで 2500元とか2800元するものが置かれている。




お茶をたっぷり買って、

それと、親に「買ってきて」といわれた 水筒もたっぷり買ったら

こんなになっちゃいました。
画像

画像


重かった。。。

ホテルまで運びますよ、とならないのは 問屋だからか・・?





会計後、


「工場見る?」と聞かれて   「見ます!」


お茶の焙煎工場をみせてくれました。

焙煎を待つお茶が、山のように積まれていました。
画像


「今日はお天気悪いから、やってないよ」とのことです。






ホテルに帰って並べてみた
画像

満足







さて、水筒の話ですが、

これはとても便利でエコな水筒なんです。

画像


底が開くようになっていて、

水筒を逆さにして、茶こしにお茶をいれて、お湯を注いで 底のふたを閉める。

飲み終わったら、またお湯を継ぎ足せばOK!

いつでも 好きなお茶が飲めます。(^^)i








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2011年12月25日 19:41
台湾にも色んな種類のお茶があって驚きでした。
エコ水筒も面白い仕組みの茶こしがあっていつでも淹れ立てのお茶が飲めるのが良いですね♪
2012年01月03日 22:15
気ままさんへ、
この、エコ水筒はわたしの回りで大人気。「次行った時買ってきて」という注文が止みません。職場に持っていくと注文殺到で大変なことになるので持って行かないこのごろです。。何のために買ったやら・・という状態。
ちなみに、ネットでも買えますが現地価格の倍の値段です。。