徳之島旅行記 Vol.2

スキューバダイビングをしました。


生まれて初めて。



友によれば、「泳げなくても出来るよ」 と。


(ふーん、泳げなくても出来るんだ~)


全く不安なく、臨んだところ・・・・。





できないじゃーん!!!



そもそも、水の中で息が出来ること自体、不思議ですよ。

その原理、頭では理解できるのに、自分の体が不信感を訴えてくる・・・。



吸った息が、吐けない。

あれ?呼吸するときって、どうやってたっけ。


スッっと吸って、倍の時間で吐くんだよね。。


意識しだしたら 止まらない。


息の仕方がわからない! 1対2じゃ、吐ききれない。


十分な空気が吸えない! 酸素が足りない~!!!

浅い呼吸を続けていると、だんだん苦しく・・・なってきた・・・。


そして ガバーっと水面に顔を出す。 肩で息をして深呼吸をする。

(あたしには、出来ないんじゃないか。。)


人工呼吸器をつけた患者さんがファイティングを起こす時ってこんな感じなのかな。。


次第に、このボンベは絶対に大丈夫なのか?と余計なことまで考え出す始末。。



腰までしか水位のないところでこれだもの。


海底で カラフルなナマコを見たら、身の毛がよだちパニックになり → 動機 → 呼吸困難 → 意識不明


という よけないことを想像してしまって・・・









インストラクターのお兄さんは、


「浅いところで納得いくまで練習しましょう。」

「だんだん慣れてきます。」

「下を向いていると気道が塞がって息がしにくいです。前をみましょう。」
(なるほど)


と、たくさんアドバイスをくれました。




そのおかげで、とうとう 呼吸方法をマスター 


無事に海底散歩を楽しむことができたのです 


きれいな魚、沢山いました


画像





いやぁ、、、ダイビングを甘く考えていましたよ。


でも、

チャレンジしてみてよかったし、出来てよかった。

またやりたいですね




だけど、ナマコ がぁぁ!!!  特に長いヤツ。


海をきれいにしてくれるナマコ。

無害。 ただ 気持ち悪い柄 がついてて長いだけ。





わかっちゃいるが。。


なかなか・・・・。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2010年06月29日 22:30
確かに・・・人工呼吸器つけている患者さんでファイティング起こしている状況と同じかもしれませんね。
小・中学生の頃、夏休みになると近くの海の磯にシュノーケリングしにいってましたけど、磯に住むカラフルな魚やナマコ、ウニなど普段は見ることの出来ない海の生物が見られて時間が経つのも忘れて泳いでいました。
2010年07月01日 19:48
気ままさん、
コメントありがとうございます。(^^)
シュノーケリングの方が難しそうですよね。吸ったら海水が入ってきた!!!ってことになりそうで、怖いです。。
ナマコは本当に気持ちが悪いです。。カンベンしてほしぃです。。
ちなみに、陸に上がった時は「宇宙飛行士の気分でこんなかな?」とものすごい重力を感じとりました。
2010年07月17日 02:53
きれいな海でスキューバ、すごいですね
海の虜になっちゃいそうですね。
ちなみに私はシュノーケリングしかできないです。
お魚屋さんに並んでいるやつが実際に泳いでいるんですよね。向かってきたら怖そうだなぁ。
2010年07月18日 12:11
GAKUさん、
私はシュノーケリングはまだ未体験ですが、スキューバはたぶん、シュノーケリングより難しくないと思われます。かならず息ができますので。水も入ってこないし。
海の底には、やどかりの大きいヤツがいたり、小さな熱帯魚が群れをなしていたり神秘的な世界ですね。